『創業いろは格言』冊子発刊プロジェクト

『創業いろは格言』冊子発刊プロジェクト
プロジェクトオーナー

中小企業診断士 今井 裕

地域活性化

1%

  • 現在
  • ¥6,000
  • 目標金額
  • ¥400,000
  • 購入口数
  • 3口
  • 残り日数
  • 53日
このプロジェクトは2021年7月10日(土)までに、
400,000円以上集まった場合に成立となります。
1.創業支援の専門性と実績
 これまで、中小企業診断士として、経営支援・創業支援、商店街活性化支援などに取り組んできました。
 創業支援は、経営の各分野にわたる知識を要する専門性を有しています。業種、経営組織、経理と記帳、税務と申告、融資、許認可、開業手続き、マーケティングなどの幅広い知識が必要です。また、創業者の置かれている状況は様々であり、生活との関連で創業を考えるためには、社会での一定の経験も欠かせません。創業支援は、経営支援のなかでも、特に長年の経験が必要であると実感しています。
 創業は、新たな企業の誕生であり、企業の出生ともいえます。それだけに、創業支援にあたっては、真摯な思いで、真剣に取り組んでいます。時には、創業者に対して厳しい指摘をすることもありますが、創業は、創業者の今後の生活を左右するものであるだけに、真剣に対応するのは当然のことと思っています。 
 創業支援では、創業者に寄り添い、一歩踏み込んだ支援を心がけています。ここ4年間の支援者数は600人超、創業者数は170人超となっています。平均して、ほぼ1週間で1創業という状況です。
 現下のコロナ禍のなかでは、創業支援は、従来にも増して慎重に検討し、市場の変化や顧客の動向を注視しています。創業にいたる支援回数も増えています。
 それだけに、上田市はもとより、長野県においても、創業支援の専門家としての実績を重ねてきています。「ミスター創業支援」を自負しています。

2.今回のプロジェクトについて
 今回、これまでの経験を生かし、創業にあたって留意すべき事項を「いろは」の順で簡潔にまとめ『創業いろは格言』として発刊します。創業者に無償で配布し、創業者を応援したいと考えています。そのために、クラウドファンディングにより、冊子印刷の費用を募りたい。
 ◎必要経費
 ・作成・印刷費 280,000円
 ・リターン送付費 40,000円
 ◎スケジュール
 ・プロジェクト終了後、8月に発刊し、9月以降、創業者に配布予定。

3.「創業いろは格言」の特徴
 「創業いろは格言」は、オリジナルの作成であり、広範な内容を包含しています。創業支援の経験を踏まえ、創業に関わる各分野の内容に触れています。経営理論に基づきながら、その基本を平易にまとめています。理論と実務、施策や関係団体などに言及、その視点と内容は特異といえます。創業の知識が得られ、創業準備に活用できます。同種のものは市販されていませんので、創業者にとって、有意義な内容となっています。
  これまでも写真のように様々な冊子を発刊しています。その一つに『経営いろは格言』がありますが、このプロジェクトにより発刊する『創業いろは格言』は、それと同様のサイズ・様式を想定しています。


4.リターンについて
 このプロジェクトへご支援いただいた支援者の皆様へ発刊した『創業いろは格言』をお一人につき1冊送付します。ご支援いただいた金額・口数に関係なく、1冊とさせていただきます。ご理解ください。発送時期は、9月頃を予定しています。

5.創業への取り組み
 創業支援は、原則として無料で行います。創業支援に要する経費は、私自身が負担します。
 また、創業支援のために、創業者を応援したいと考えている人々からの寄付を募ります。社会貢献としての寄付を受け、私が専門知識を生かして、創業者を支援します。
 このクラウドファンディングも、そうした取り組みの一環です。皆様のご支援をお願いいたします。
/data/project/783/p10003003.jpg