「学びの場」の選択肢を広げよう!「放課後等デイサービス」施設をフリースクールに併設開校したい!

OZFieldの放デイ併設開校プロジェクト
プロジェクトオーナー

フリースクール OZ Field

挑戦する人 教育・福祉 地域活性化

14%

  • 現在
  • ¥740,000
  • 目標金額
  • ¥5,000,000
  • 購入口数
  • 49口
  • 残り日数
  • 11日
このプロジェクトは、寄付型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

ご挨拶・はじめに


みなさん、こんにちは。
2021年4月に飯綱町に開校したフリースクール「OZ Field」です。
この度は、このページをご覧いただきありがとうございます。
OZFieldは「バリエーション豊かな子どもが、この先の人生を幸せに生き抜く力を育むための学びの場の1つの選択肢として存在し続ける」この想いを胸に、現在、小学2年生〜中学3年生までの子どもたちと元気に活動しています。

本プロジェクトは、フリースクールに併設する「放課後等デイサービス施設」開校を目指しています。
主な資金の使い道は、教室のリフォームや児童生徒用品事務備等の購入、スタッフの増員の資金として使わせていただきたいと考えています。

 

OZ Fieldについて

▼OZ Fieldの運営方針「No one will be left Behind.」
/data/project/851/oz_setsumie.jpg


▼活動の様子。(左写真中央:代表の市川。常駐スタッフ2名体制)
/data/project/851/daily01.jpg /data/project/851/daily02.jpeg
※信濃毎日新聞さんの取材を受けた時          ※飯綱町の豊かな自然に囲まれてのびのび!


▼廃校(旧牟礼西小学校)を活用した「いいづなコネクトWest」内に教室があります。
レストランやスポーツジム、企業オフィスなどが入居し、まるで小さな町のような空間です。

/data/project/851/iikone.JPG

 

学校に通えなくなったら…(プロジェクト立ち上げの理由)

 

【不登校児をとりまく現状】
現在、特に長野県内で既存の公立学校に馴染めない子どもたちが置かれている状況は、既存校への不適応や肯定感を持ちづらくネガティブな感情のまま学校生活を送るか、学校へ行かずに家庭で学習を継続するか、いずれかしか選択できない状態であることが浮き彫りになっています。連日多くのご家庭からお問い合わせを受け、学びの場の選択肢の少なさ、子どもたちの需要に応えられるだけの環境がまだまだ地方には少ないのだ、と実感しているところです。


学校に通えない理由はさまざまです。例えば、

●バリエーション豊かな子どもたちの存在:ASD、ADHA、LDおよびHSC(Highly Sensitive Child)などさまざま発達的なバリエーションを持った子どもたちの増加。
●生徒や家庭のニーズと学校現場のズレ:SDGsやウェルビーイングといった比較的新しい考え方に基づく教育方針やオルタナティブ教育を柱とする学校が全国で開校し、保護者の知識の広がりや教育を取り巻く様々な環境が変化していますが、学校現場そのものがその変化に追いつくことができず、生徒や家庭と学校の間にギャップが生まれてしまうケースが増え、結果的に「不登校」となってしまうケース。

 

地方においては、心理的物理的な「安心安全」が保障された子どもたちの居場所が足りない状態

 

 

【家庭の金銭的負担を小さく。選択のハードルを低くしたい】

たくさんのお問い合わせを頂く一方で、金銭的理由により「第3の選択」に踏み切れず断念されるご家庭が多数存在しています。現在OZ Fieldでは、入会金等の初期費用に加え毎月36,000円の月謝と、決して小さくない負担をご家庭にお願いしている状況です(公立学校に通えば無償)。そこで、フリースクールに加え「放課後等デイサービス」を併設開校することで、特に発達に特性のある子どもたちが公的な補助を受けならが、前向きに学びの場を選択してもらえる環境を整えたいと構想しました。
フリースクールと併設することで、個性豊かな子どもたちが垣根なく繋がり合い、自分も他者もどうすれば幸せに生きることが出来るのか?と考えて行動するマインドを自然に育てることも、ビジョンに向けた取り組みの一つです。

 

【フリースクール運営の難しさに直面中】
毎月の月謝をお預かりしても運営は赤字状態で、現在の状況ではスタッフ増員や子ども一人ひとりへの安定したサービス提供が、これ以上は難しい状態となっています。たくさんのお問い合わせやご期待を頂くのに、実態として十分にお応え(受け入れ)できるだけの体制が取れない…。とても悔しい気持ちと、OZ Fieldを見つけてくれた子どもたちやご家庭への申し訳ない気持ちを抱えています。子どもたちの学びの場を保障していくためにも、市民の皆さんのお力添えを頂きたいと考え、この度クラウドファンディングに挑戦いたしました。


 

資金の使い道

現在運営中のフリースクールの隣の教室に「放課後等デイサービス」施設開校のための設備投資、およびスタッフ確保のための資金として使わせていただきます。

▼主な支出項目(予定)

・児童生徒用品/机椅子の購入(50万)
・事務用品/キャビネット、教職員用机椅子、職員用パソコン等の購入(50万)
・教室リフォーム/カーペット、個別ブースの設置、パーティションなどの設置(60万)、
・書籍購入/研修用書籍など(10万)
・パートタイマー給与/8,000円×4名×2日/週×40週間(約260万)


 

支援コース(返礼品)の説明

子どもたちの未来のために、活動に共感いただけましたらぜひご寄付をお願いいたします!!

 ■10万円:「学びの未来を語り合う」焚き火会&見学ツアーご招待 
OZ Fieldスタッフや保護者と「学びの未来」を語りあう焚き火会(9月開催予定)と、いいづなコネクトや飯綱町をご案内する見学ツアー(9月開催予定)にご招待させていただきます。
※開催日時は、調整の上後日ご連絡させていただきます。(焚き火会と見学ツアーは同日開催の予定です)

 ■5万円:「学びの未来を語りあう」焚き火会ご招待 
OZ Fieldスタッフや保護者と「学びの未来」を語りあう焚き火会(9月開催予定)にご招待させていただきます。
※開催日時は、調整の上後日ご連絡させていただきます。

 ■応援隊コース 
お礼のメッセージをお送りさせていただきます。
 ①応援隊1:3,000円
 ②応援隊2:5,000円
 ③応援隊3:10,000円
   ④応援隊4:20,000円

 

 
■寄付控除について

本プロジェクトは2021年寄付控除の対象となります。
寄付に関する証明書は10月頃発行させていただきます。

 

現金でのご支援希望等お問い合わせ先

OZ Field 担当:市川・内田
電話:080-8160-3663
Eメール:fun@oz-feild.com


 

最後に

地域の子ども達が前向きに多様な学びの場を選択できる環境を整えるため、ご協力をお願いいします!