「信州シャインマスカット玉」を製品化したい ~長野県産シャインマスカットの果汁でアイスを作りたい~

信州シャインマスカット玉の製品化
プロジェクトオーナー

中高冷菓

地場産 フード 地域活性化 被災地支援 イベント

17%

  • 現在
  • ¥174,000
  • 目標金額
  • ¥1,000,000
  • 購入口数
  • 22口
  • 残り日数
  • 38日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。
プロジェクトの概要

・長野県産シャインマスカット果汁を使用したアイスを新商品として「信州シャインマスカット玉」を製造し当社にて卸小売りで販売したい。
・長野県の特産としてのシャインマスカットの知名度を更に高めると共に、「信州りんご玉」と合わせ災害で大きな被害のあった長野県に関心を持ってもらい、今後の復興の一助となればと考えています。

 

プロジェクトへの想い

・弊社オリジナルアイス「信州りんご玉」の販売先や購入者から、りんご玉と同様のコンセプトで第2弾の新商品に対する要望が強く、新たな製品開発を模索していました。
・シャインマスカットの流通量増加に伴い、ようやくシャインマスカット果汁の入手先を確保。これをきっかけに、上記お客様のニーズに応える形でこの度100%長野県産シャインマスカット果汁を使用した、しっかりした果実の味と香りが広がるシャインマスカット果汁を使ったアイスの試作品製作の目処が立ちました。

 

商品・サービスの強み

・当社オリジナル商品である「信州りんご玉」同様のコンセプトである、長野県産に拘った果実の香りと口に入れた時のさわやかさ、どこか懐かしい見た目がかわいい専用カップ、分類上は氷菓であるがアイスクリームの様な口当たりなど・・・を受け継ぎ本製品を開発します。今までの消費者からの要望が多くても果汁が入手困難で製品化出来なかったシャインマスカットを使った同様の製品が出来ることで、「信州りんご玉」同様類似の商品があまり無いこともあり、販売開始すればお客様に関心を持ってもらえる可能性は大きいと考えます。


会社概要
・大正の初めに前身である和・洋生菓子の製造・卸売業を中野市にて創業。 黒川煎餅屋、黒川製菓、黒川ベーカリーと屋号を変更しながら法人化。
・昭和46年(1971年)に兼業で現在の有限会社中高冷菓を設立、アイスクリーム製品、業務用冷凍食品の卸売業、飲料自販機業を開始。その後製菓業を廃業し現業に特化。
・昭和53年(1978年)に「信州りんご玉」の前身である「中高りんご玉」を販売開始。
・平成28年(2016年)に一部の顧客にだけ卸していた「中高りんご」の名称を「信州りんご玉」と改め一般市販化。
・平成29年(2017年)に「信州りんご玉」を商標登録。現在では業務用冷凍食品・製氷類・ドライアイス・アイスクリーム製品の卸売販売、自販機業を同時に取り扱う県内唯一の会社となりました。

 
「信州りんご玉」

今から40年以上前、長野県北部のスキー場を訪れる県外のお客様に、長野県らしいアイスを提供したいという当時の旅館の女将さんたちの要望を受けて生まれたのが当社オリジナルアイス「中高りんご玉」です。
以来、一部のエリアの一部の旅館でひっそりと販売していたりんご玉ですが、2016年に原料を長野県産100%濃縮果汁へと変更。
知る人ぞ知る幻のアイスだったりんご玉を、信州ならではの名物アイスにできればという願いを込めて商品名も一新。
40年越しのリニューアルを果たし、一般市場での販売をスタートしたのが「信州りんご玉」です。

/data/project/588/image1.png

当社ホームページ

http://www.chukoureika.com/